" />
顔の手入れ

最近増えている大人の症状

顔の手入れ

ニキビは青春の象徴とよくいわれます。しかし、できた当人には悩みの種です。いくら青春の象徴といっても、一歩対応を間違えると一生あばたになって顔に残ってしまうのです。ニキビができたら、なるべく早めに適切な処置をするべきです。そのためには原因を知ることが大事です。原因は毛穴に皮脂が詰まることです。脂肌ではなく乾燥肌でも毛穴に皮脂が詰まればニキビはできます。なぜ思春期に多いのかというと、男性ホルモンが多くなって皮脂成分の分泌が活発になるからです。思春期に多いニキビの対処法は、まず正しい洗顔をすることです。洗顔は予防するためにもとても大事なことです。ただし1日に何回も洗顔すると、肌を乾燥させるので要注意です。皮脂というのは乾燥や外部からの刺激を守る役目をしているので、皮脂を減らしてしまうと肌がダメージを受けやすくなるのです。普段の生活から予防するには、睡眠をよくとることです。睡眠不足になると自律神経の働きがおかしくなって、皮脂の分泌量が多くなり、毛穴を詰まらせることになります。以上は基本的な対処法ですが、これを守るだけでかなり思春期のニキビを減らすことができます。最近は思春期以外の、大人ニキビが問題になっています。大の大人にニキビができているのはマイナスイメージです。そのため思春期ニキビより深刻で、主にストレスが原因で発症するといわれています。社会的ストレスはますます増大していく傾向にあるため、今後は思春期ニキビよりも大人ニキビが大きな関心事になっていきます。

大人ニキビにはある特徴があります。それは口や顎のまわりにできることが多く、ポツポツとしたニキビが繰り返しできて治りにくいことです。女性の場合は生理前になるとできやすく、また乾燥してかさついているものが多くなります。思春期のものと違うのは発生するメカニズムが違うからです。大人ニキビができる原因は、肌の乾燥と古い角質の蓄積です。肌の代謝が悪くなるために、古い角質が毛穴を塞いでしまうのです。なぜ肌の代謝が悪くなるかというと、日常生活に主な原因があります。日常生活を乱してしまう主な原因は、ストレスと睡眠不足です。現代人にこの2つを抱えていない人はいないと言っても過言ではないのです。大人ニキビができるとなかなか治りにくくなります。へたにいじると化膿することもあるので注意が必要です。女性などで気になる方は、美容整形で治療すればすぐに完治します。もしニキビ跡ができても、レーザー治療で治すことができます。レーザー治療にもいくつかの方法がありますが、白ニキビや赤ニキビなど、その人の状態に応じて治療内容が変わってきます。また今は皮膚再生のスピードが高いとされるトレチノイン治療なども人気です。これは、皮膚の再生が早いだけでなく、美白の効果も期待出来るものになっています。さらにプラセンタなどの注射も美容整形外科によっては治療方法として行われています。他にも外からの治療だけでなく、美容整形外科では内服薬も処方されます。それによってより早めに治していくことが可能です。さらに現在あるニキビだけが治療対象ではありません。ニキビが治った後に残ってしまうニキビ跡も治療によって解決していくことが出来ます。早めに治さないとニキビ跡も増えてしまいますので、ニキビが化膿している、あるいは広がってきている時点で美容整形外科に相談してみましょう。カウンセリングを丁寧に行なって上で治療内容や料金が決まってくるので、安心して受けられます。肌が綺麗になれば、女性の場合は化粧もしやすくなりますし、男性も自信が持てるようになります。普段の洗顔や睡眠、食生活の改善も行いながら、美容整形外科で綺麗になっていきましょう。